厄除け お札

厄年は、身にかかる災いの多い年を言います。
厄を祓って災難から逃れるようにするのが、良いとされています。

日常、厄を寄せ付けない方法として、古来より お札をお祀りする風習があります。
その年を無事に過ごし、日々健康でありたいと願うところは、普遍のの願いでありましょう。
厄災を避け、人生を安泰に過ごすために、御札をお祀りなされる事を、おすすめ致します。

厄年は、身にかかる災いの多い年を言います。
厄を祓って災難から逃れるようにするのが、良いとされています。



厄災などが降りかかりやすいと言われる年齢です。
その前後の年、前厄・本厄・後厄と神仏に祈り、祈願祈祷を行います、
身心や身辺に十分に気を付けて過ごすという、古来よりの風習・智慧でしょう。

身にかかる災いの多い年を言います。
厄を祓って災難から逃れるようにするのが、良いとされています。


日常、厄を寄せ付けない方法として、厄除けとなる物を身に付けると良いとされています。

今年の厄年 西暦2022年(令和4年) ▲厄年は、数え年で数えます。

令和4年の厄年

男性 前厄
平成11年生 (卯)24才
昭和57年生 (戌)41才
昭和38年生 (卯)60才

本厄
平成10年生 (寅)25才
昭和56年生 (酉)42才大厄
昭和37年生 (寅)61才

後厄
平成9年生 (丑)26才
昭和55年生 (申)43才
昭和36年生 (丑)62才


女性
前厄
平成17年生 (酉)18才
平成 3年生 (未)32才
昭和62年生 (卯)36才
昭和38年生 (卯)60才

本厄
平成16年生 (申)19才
平成 2年生 (午)33才大厄
昭和61年生 (寅)37才
昭和37年生 (寅)61才

後厄
平成15年 (未)20才
昭和64年 平成元年(巳)34才
昭和60年 (丑)38才
昭和36年 (丑)62才


詳しくお知りになりたい方・開運の窓口とは・・・



修験総本庁大和葛城修験に於いて祈願祈祷を行っています。

詳しくお知りになりたい方開運の窓口とは・・・



修験総本庁大和葛城修験に於いて祈願祈祷を行っています。
販売価格 11,000円(税込)

カテゴリーから探す

コンテンツ

モバイルショップ